香春町 カワラxカケル

香春町 カワラカケル > トライアルステイ > カップル移住にもおすすめの場所・香春町の魅力とは

カップル移住にもおすすめの場所・香春町の魅力とは

2019.11.25

どうもこんにちわ、フリーライターとして普段活動している太田知奈美(ライター名: ich )と申します。

この度、10月22日〜11月15日までの期間、香春町にカップルで滞在させていただきました。

カップル滞在に興味のある方もいるかと思うので、この記事はそんな方たちに向けて綴っていこうかと思います。

どうぞ最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

地方のカップル移住に必ず直面する問題

地方のカップル移住に必ず直面する問題ってなんだと思いますか?

あくまでも個人的な意見ではありますが、私は「おせっかい」にあると思っています(笑)

(あまり良い表現ではなくてすみません…)

カップルって、やっぱりいずれは結婚して夫婦になる対象として見られているじゃないですか。もし、カップルで移住して、そこに住んで、あわよくば結婚…となれば、いずれ子どもも増えて、地方創生に繋がるという考え方は嫌いではないですが、あまり好ましくもありません。

というのも、やっぱりカップルって「それぞれ」の事情があるものだと思うし、だからこそコミュニティの中に飛び込むのって勇気がいると思うんですよね。

けれど、この香春町、ここが素晴らしかったです。

「ちょうどよい距離感」が居心地の良さを生む

香春町のみなさんって、「距離感」がちょうどよいんです。

特にトライアルステイ中、一緒にお家に住まわせてくれた村井さん。彼、素晴らしかったです。

トライアルステイ中、私達カップルがお家に住んでいても、「なんかあったら言うてな〜」とさくっと行動してくれる。

一緒に御飯を食べる時もあれば、大好きな人と二人だけでゆっくり過ごす時間もありました。

時には、村井さんの周りの友人たちも呼んで、一緒にバーベキューをしたり。

その時も、特に冷やかしたり質問攻めにあうこともなく(笑)みなさん、とっても優しく迎え入れてくれて、仲間にいれてくれました。

私、思うのですが、ちょうどよい距離感って、居心地の良い空間を生むんですよね。

おせっかいが嫌いなのは、そういう理由があるから。ズケズケと自分のパーソナルスペースに入られるのって、やっぱりちょっと気持ち悪いなと感じる人も多いじゃないですか。でも、二人ぼっちも、それはそれで寂しい。

そんな隙間を、本当にちょうどよく埋めてくれる人たちが大勢いました、香春町。

移住して3日目には、「なんか自分のお家みたいだな」と感じるほどの居心地の良さで 。

自分と好きな人と、自分の好きな友達が繋がっていると嬉しいと思うあの感覚が、私の中では滞在中、ずっと続いていました。

自然豊かで、四季がちゃんとある環境

私が香春町に滞在していた10月後半にかけて、しっかり秋から冬に変わる瞬間を堪能できたのも、香春町の魅力だな、と感じます。

村井さんのお家は、朝の8時になると町内放送が流れ、それから12時のチャイム、17時のチャイムというふうに、寝ていようが起きていようが関係なく、放送がなります。

そして、朝になると朝日が窓辺から煌々と差し込んでくれるので、自然と目が覚めるんです。

夜になると、まんまるの月と、満天の夜空を見上げながら縁側でひっそりと佇んでみたり。

都会にいると感じることのできない「本当の静寂」の時間を、ここでは感じることができました。

滞在中、お世話になった村井さんのお家のお庭では、簡単なバーベキューや焚き火も楽しめました。

みんなで一緒に登った「障子ヶ岳」が一番の思い出

彼が山好き、ということもあって、最終日にはみんなで一緒に山へ登山に行くことに。

私は登山初心者なので、さっくり40分のコースを案内してもらうことになりました。

障子ヶ岳の登山口までは、村井さんのお家から車で10分程度走ったところにあります。

ひとりでのんびり登るのにもおすすめなんだとか。

村井さんは行き慣れた山ということで、ガイドをしながら案内してくれます。

私は正直、登山って結構苦手な分野だったのですが(笑)そんな私でもぐんぐん登っていきやすい山でした。

途中、三回くらい急斜面に出会って心が折れかけましたが、なんとか持ちこたえて、上へ、上へ。

まだ見頃ではなかったですが、少しだけ紅葉を見ることもできました。

四季を感じられるってやっぱり嬉しい!日本人だなーと感じることのできる瞬間です。

登りきった頂上の景色はやっぱり絶景!

みんなで山の頂上で食べる「美味しいランチ」

頂上まで登ったら、村井さんお手製のランチをみんなで頂きました。

さくっとつくってくれたオニオンスープ。きのこがたくさんあって、栄養も満点。

ホットサンドは、好きな具材をたっぷり入れてじっくりと焼き目がつくまでバーナーの上で寝かせます。

こんなに贅沢な時間があっても良いのだろうか…と思うくらいに、とっても気持ちよくて、充実した時間でした。

こんなに素敵な時間を、香春町では思う存分過ごすことができます。

ふたりだけで山に登るのもきっと楽しい。

ゆっくりした時間を過ごしたいというカップルは、ぜひ香春町へ。

美味しいホットサンドを食べて、コーヒーを飲んで縁側でゆっくりする。

本当に静かで、静寂な時間の中にいると、隣りにいる人のことをより深く考えたり、愛おしいと思えたりするな、と私は感じます。

都会のザワザワした空気の中で過ごす時間よりも、こうした自然の中でゆっくりと過ごす時間の方が何倍も恋しくて、二人の仲もより一層深まるはず。

香春町の魅力は、そこにあるたくさんの自然と、静かな時間と、そしていつもちょうどよい距離感で見守ってくれる優しい仲間たちがいること。

ぜひ、都会の騒音に疲れた人、カップルでゆっくりと移住する場所を探したい人は、ここに遊びに来てみてください。

一覧に戻る