香春町 カワラxカケル

香春町 カワラカケル > 福岡県香春町 採銅所駅舎内 第二待合室
香春町
大正浪漫を今に伝えるJR採銅所駅。100年を超える歴史の建物が当時の装いを取り戻し、「ひと」と「くらし」が待ち合わせる新しい場として再生します。

JR採銅所駅舎内に整備された「第二待合室」は、
従来の待合室とは異なる第二の場です。
一言でいうならば、何かワクワクするものを探している人たちの
目的地をみつけるお手伝いをするための待合室。

扉を開けると待っているのは、三人のソトものたち。
地域おこし協力隊としてやってきた彼らは、自らも「それぞれの田舎暮らしの実現」に向けて走り続けているメンバーです。
まずは、彼らと話しをしてみませんか?あなたが漠然と抱いている「自分らしい暮らし」を、
カタチにするヒントがみつかるかもしれません。先輩移住者ならではの視点で、あなたの夢の実現を後押しします。

『里山ならではの半農半X的な暮らしって特別なことじゃないよ』
『複数のナリワイをかけて暮らす複業スタイルならやっていける』

『全部遊びで、全部仕事になるような暮らしってあるよね』

今日も第二待合室では、協力隊と世間話をしにやってきた地元の方々の間で、
最先端の田舎暮らし談義が始まっています。

住所 福岡県田川郡香春町大字採銅所2595番地4
JR日田彦山線採銅所駅舎内
TEL/FAX 0947-32-3115

我ら地域おこし協力隊!メンバープロフィール

こんにちは、大阪弁が抜けません。町で見かえたらお声掛けください!

移住と交流の場づくり担当
村井 勇輝隊員

1988年生まれ、大阪府出身、2016年4月着任。食品容器の営業販売などの会社員生活を経て、憧れの田舎ぐらしをスタート。移住希望者と地域住民をつなぐ案内役として、移住相談からアフターフォローまでトータルにサポートします。

昨年、第1子が生まれました。家族3人で香春町生活を楽しんでいきます!

空き家バンク担当
手島 順也隊員

1983年生まれ、うきは市出身、2016年4月着任メキシコでの営業販売職や、大阪での学習塾講師を経て、地元福岡県にUターン。空き家バンク担当として、物件情報の紹介や大家さんとのつなぎ役を担います。空き家を使ったイベントなども企画します。

アメリカで記者をしていました。
日々の香春町の様子をカメラに収めていってます。

情報発信担当
濱田 雄飛隊員

1987年生まれ、広島県出身、2016年6月着任。フロリダ大新聞学部を卒業後、米国の新聞社インターンを経て、2015年3月に帰国。香春町での魅力的なくらしのイメージをみなさんに発信します。