香春町 カワラxカケル

香春町 カワラカケル > カワラのイベント > 第二待合室1周年記念ウィーク

第二待合室1周年記念ウィーク

2018.06.30

こんにちは。香春町地域おこし協力隊のハマダです。

採銅所駅舎内第二待合室が去年の5月にオープンしてから早くも1年。

日頃の感謝を込めて6月11日から17日までの1週間、「第二待合室1周年記念ウィーク」として色々なイベントや特別なおもてなしを行いました。

第二待合室をいつもとは違う飾り付けを行い、オリジナルで考えたガーランドの柄は香春岳や梅、銀杏、ウグイスなど町のシンボルでデザイン。また、お洒落に映えるドライフラワーやバルーンなどで彩りました。

また、香春町や赤村で野草茶を作っている人から教えてもらい、杜仲茶と柿の葉茶、桑の葉茶、どくだみ茶の4種類を作りました。それらをブレンドし、来館された方々に提供しました。

来館された皆さんから意見を聞き、一緒に飲みやすく、美味しいお茶を研究しました。ちなみに、野草茶はまだ余っています。飲んでみたいなという人は、お気軽に第二待合室においでください。

 

記念ウィーク初日に行ったのが「究極の水彩画の世界②」という水彩画のワークショップ。高知県から「まちよ姐」こと後藤真知世さんを講師に迎え行いました。

約2時間のワークショップで参加者の方が描いた絵は5枚。初めて絵を描く参加者の方も見違えるほどにまで上達されていました。また、「まちよ姐」と参加者の皆さんから1周年記念ウィークのために、1枚ずつ作品を寄贈してもらい、イベント期間中は第二待合室に展示しました。

そして、記念ウィークを締めくくったのが「ハガキを染めて気持ちを送ろう!」というハガキ染めのイベント。香春町のシンボル、香春岳やウグイス、梅の花の三つの中から一つ選びベンガラ泥染で染色。

染めたハガキを水に浸して、天日干し。梅雨の合間の青空が広がり、参加者の皆さんが作られたハガキも綺麗に色が出て、個性溢れるハガキが完成しました。

イベントや野草茶のおもてなしだけでなく、来館された皆さんと一緒に「指紋アート」で花が咲き乱れる採銅所駅をイメージして一緒に作成しました(この記事の一番上の写真)。

さて、これから2年目、今後も協力隊一同よろしくお願いします。

一覧に戻る