香春町 カワラxカケル

香春町 カワラカケル > カワラの楽しみ > 俺たちがやる竹林整備

俺たちがやる竹林整備

2018.03.08

こんにちは。香春町地域おこし協力隊の手島です。

polcaを使ったフレンドファンディングから10日あまり経ちました。竹害問題お助けpolca「堀基晴 地域課題お助けプロジェクト」の中の企画で、少しずつですが、支援してくれる人が現れ感謝しています。普段は竹林をキレイにすることに力を注いでいるので、あまり情報発信ができてません。

いい機会なので、

・これまでの活動

・楽しかった場面

・これからやりたいこと

でまとめてみたいと思います。

これまでの活動

竹林整備は「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」の一環で侵入竹除去を目的に行われています。香春町協力隊のメンバーを中心に3年間で荒れた竹林を復活させることを目的に行っています。ただ、若手の私達に色々教えてくれたり手助けしてくれる地元の方もいます。

竹林を整備するの一つはメリットは、きれいになった山からタケノコが取れることです。これは販売、イベントに活かせます。

整備しないと、荒廃した竹林が、農業に悪影響を与えたり、生物多様性を低下させ土砂崩れを招いたりして里山環境を悪化させます。現に梅雨の大雨で土砂崩れが起きてしまった場所もあります。

私自身も、土砂崩れが起きた土地を見て問題意識を持ち、タケノコの副産物を目指しています。

ただ、この考えだけでは継続性がありません。人手、機械、危機意識ももちろん必要ですが、その原動力になる「楽しさ」を生み出す活動がないことには、メンバーは増えないし、モチベーションを持って活動できません。

そこで「竹」を身近なモノとし親しみを持ってもらうために、新機軸のイベントを増やして、「楽しい」を作っていきたいと思います。

 

ちなみに、竹林が荒廃する要因については、従来暮らしの中で消費されてきた竹材やタケノコが、プラスティックや、輸入産のタケノコに変わって使われなくなるといったライフスタイルの変化による要因、また地域内では地主の高齢化、無名化といった管理者側の要因があるようです。里山再生にはこのように遠ざかってしまった竹林とヒトとの関係の再生が必要不可欠と言えます。そこをつなぐ要因が「楽しさ」だと思います。

とまぁ、固い話になりましたが、一年でやったこと、楽しいと感じる活動、楽しいを生み出せるかもしれない活動の3つを書いてみます。

【この一年でやったこと】

・現地調査

(メンバーと境界や竹林面積を設定してます)

・2.2ヘクタールの土地の枯れ竹整理

(整備前後です。間違い探しみたいですね)

 

・ノコギリで半年に渡って整備

(ノコギリのお陰で、竹の習性がわかり基礎能力が上がりました)

・チェンソー導入

(周りの勧めもあり導入。随分捗るようになりました)

・竹イベント

(門松作り)

(竹器作り)

(竹炭作り)

初年度は活動を一通りやってみる年だと位置づけていました。
その中で見えてきた1番の課題が、「いかに竹林整備の活動に楽しさを取り入れられるか」です。

では、「楽しい」って何だろう?自分がやってきた中に「楽しい」のヒントがあるかもしれないのであげてみます。

【楽しかった場面】

・朝一で見る香春岳の朝焼け

(美しさに目が醒めました)

・偶然見つけた浮世絵のような景色

(林道を貫通させた後にあったご褒美でした)

・竹の活用方法を実践した時

(門松作りのロードマップ作成、竹薪の実用性、竹飯ごうなどもリハーサルで作ってみました)

 

・自分の手で森を切り開いているような感じ

(1m残しでカットしてます。まさに竹の墓標)

 

【これからやりたいこと】

・ICOを使った里山構想
・★開拓した土地に農場を作る
・★サバイバルゲームのステージに
・訓練所という名のスキルを学ぶ場所
・★簡易キャンプ場
・タケノコ掘り
・竹林ライブ
・★稼ぎを生み出す何か

これらは、メンバーや参加者と話して出てきた「アイデア段階」の「楽しくなる取り組み」です。★あたりは現に進んでいます。
活動を知ってもらい、メンバーを増やして、新しいことに挑戦していくことが2年目の目標になります。人を巻き込んでいけば、もっと面白い、ワクワクするような取り組みができるかもしれません。

メンバーからのお願いです

(無表情ですがテンションは高いです!)

情報拡散、アイデア出し、激励メール、参加希望、などお待ちしてます。加えて共感して支援して頂ければ幸いです。

 

—————————————————————————————————-

竹害問題お助けpolcaのリターンは

—————————————————————————————————–

 ① 18年度 「竹イベント」優先参加券(年3回程度実施予定です)
  に加えて②、③、④の中から一つお選び下さい。
 ② タケノコ(300g)
 ③ 竹炭(300g)
 ④ ミニ門松作りセット(1セット)

    ※送料別

よろしくお願いします!

関連記事:竹を知り、竹を楽しむ 〜竹害問題お助けpolca〜

関連記事:地域課題お助けプロジェクト 〜現状を知る、”楽しい”を創る〜

関連記事:おいしいを創り、楽しいを呼び込む 〜休眠施設お助けpolca〜

関連記事:みんなで集まり、楽しむ場を 〜耕作放棄地お助けpolca〜

一覧に戻る